機能説明動画

デモモード、電池セーブモード、

時刻設定モード、ローラー位置修正モード

について動画でご案内しています

FUTURE FUNK 機能説明動画

デモモード、電池セーブモード、時刻設定モード、ローラー位置修正モードのご紹介

Q&A

よくあるご質問をご紹介します。

FUTURE FUNKは構造上、ローラーの回転に誤差が生じ、数字が横一列に揃わずずれてしまうという現象が起こることがあります。(誤操作した場合、使用中や輸送中に強いショックを受けた場合、長期間使用した場合など)

 

この症状は時計の不良ではございません。FUTURE FUNKにはその「ずれ」を修正する機能がついています。数字が横一列に揃わず、ずれが起こった場合はまず下記の方法をお試しください。

 

  1. 左上ボタンを2秒長押しします。ローラーが回ってしばらくすると止まります。
  2. 現在の時刻に関わらず、ローラーを12:00に合わせます。Cボタン(左下)を押すと左の「時間のローラー」が進みます。1時間ごとではなく、ずれを修正できるよう少しずつ進みます。ボタンを長押しすると早く進みます。12が適正な位置にくるよう短く押しながら微調整します。
  3. 次に「右下ボタン」で分の「10分の桁」のローラーの0が適正な位置にくるよう調整します。同様に「右上ボタン」で分の「1分の桁」のローラーの0が適正な位置にくるよう調整します。

 

※一連の各操作は15秒以上あけずに行ってください。
※15秒過ぎて調整途中でローラーが回り始めた場合:ローラーが止まってから1の操作からもう一度行ってください。

 

手順3.まで操作した後、「左上ボタン」を短く押すか、15秒経過するとローラーが回り、現在時刻で止まります。止まった時刻が現在時刻でない場合は、説明書の「時刻の合わせ方」をご覧になるか、ページトップの機能説明動画を参考に時刻を合わせてください。

 

上記操作を行っていただき、やはり不具合が生じる際は 問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。

FUTURE FUNKは構造上、ローラーの回転に誤差が生じ、数字が横一列に揃わずずれてしまうという現象が起こることがあります。(誤操作した場合、使用中や輸送中に強いショックを受けた場合、長期間使用した場合など)

 

この症状は時計の不良ではございません。FUTURE FUNKにはその「ずれ」を修正する機能がついています。数字が横一列に揃わず、ずれが起こった場合はまず下記の方法をお試しください。

 

  1. 左上ボタンを2秒長押しします。ローラーが回ってしばらくすると止まります。
  2. 現在の時刻に関わらず、ローラーを12:00に合わせます。Cボタン(左下)を押すと左の「時間のローラー」が進みます。1時間ごとではなく、ずれを修正できるよう少しずつ進みます。ボタンを長押しすると早く進みます。12が適正な位置にくるよう短く押しながら微調整します。
  3. 次に「右下ボタン」で分の「10分の桁」のローラーの0が適正な位置にくるよう調整します。同様に「右上ボタン」で分の「1分の桁」のローラーの0が適正な位置にくるよう調整します。

 

※一連の各操作は15秒以上あけずに行ってください。
※15秒過ぎて調整途中でローラーが回り始めた場合:ローラーが止まってから1の操作からもう一度行ってください。

 

手順3.まで操作した後、「左上ボタン」を短く押すか、15秒経過するとローラーが回り、現在時刻で止まります。止まった時刻が現在時刻でない場合は、説明書の「時刻の合わせ方」をご覧になるか、ページトップの機能説明動画を参考に時刻を合わせてください。

 

上記操作を行っていただき、やはり不具合が生じる際は 問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。

FUTURE FUNKは構造上、ローラーの回転に誤差が生じ、数字が横一列に揃わずずれてしまうという現象が起こることがあります。(誤操作した場合、使用中や輸送中に強いショックを受けた場合、長期間使用した場合など)

 

この症状は時計の不良ではございません。FUTURE FUNKにはその「ずれ」を修正する機能がついています。数字が横一列に揃わず、ずれが起こった場合はまず下記の方法をお試しください。

 

  1. 左上ボタンを2秒長押しします。ローラーが回ってしばらくすると止まります。
  2. 現在の時刻に関わらず、ローラーを12:00に合わせます。Cボタン(左下)を押すと左の「時間のローラー」が進みます。1時間ごとではなく、ずれを修正できるよう少しずつ進みます。ボタンを長押しすると早く進みます。12が適正な位置にくるよう短く押しながら微調整します。
  3. 次に「右下ボタン」で分の「10分の桁」のローラーの0が適正な位置にくるよう調整します。同様に「右上ボタン」で分の「1分の桁」のローラーの0が適正な位置にくるよう調整します。

 

※一連の各操作は15秒以上あけずに行ってください。
※15秒過ぎて調整途中でローラーが回り始めた場合:ローラーが止まってから1の操作からもう一度行ってください。

 

手順3.まで操作した後、「左上ボタン」を短く押すか、15秒経過するとローラーが回り、現在時刻で止まります。止まった時刻が現在時刻でない場合は、説明書の「時刻の合わせ方」をご覧になるか、ページトップの機能説明動画を参考に時刻を合わせてください。

 

上記操作を行っていただき、やはり不具合が生じる際は 問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。

FUTURE FUNKのボタンはやや強めに押すように設定されております。ボタンを深く押し込んでも作動しない場合には、カスタマーサポートへお問合せください。

Bボタン(右下のボタン)を3回押すことで電池セーブモードになります。ボタンを押す際は小刻みに浅く押すのではなく、深く押し込むように3回に分けて押してください。そのようにしても電池セーブモードにならない場合は、カスタマーサポートへお問合せください。

こちらの機能は2019年1月以降に生産された製品に見られる新機能です。不具合ではありません。よって、AボタンもしくはBボタンを1回押すとデモンストレーションモードとなり、3回押すことで電池セーブモードになります。

デモンストレーションモードはAボタン (右上ボタン)を一度押した後、ローラーが3周回り、現在時刻で停止します。3周回っても止まらない場合は、カスタマーサポートへお問合せください。

Q1のローラーずれ修正を行った後、再度時刻を合わせてください。それでも合わない場合はカスタマーサポートへお問合せください。

電池セーブ中にBボタンを3回押すと「1時間継続デモンストレーション機能」に切り替わります。A、B、C、Dボタンのいずれかのボタンを押すと電池セーブモードに戻ります

こちらの機能は2019年1月以降に生産された製品に見られる新機能です。不具合ではありません。

こちらの機能は2019年1月以降に生産された製品に見られる新機能です。不具合ではございません。よって、AボタンもしくはBボタンを1回押すとデモンストレーションモードとなります。

こちらの機能は2019年1月以降に生産された製品に見られる新機能です。不具合ではありません。

取り扱い説明書はこちら

PDFファイルが開きます